槙ようこ 引退がヤバい!漫画家引退理由は?結婚してる?惜しむ声多数!

漫画
スポンサーリンク

漫画家・槙ようこの引退が発表されました。

引退理由は?

槙ようこは結婚してる?

引退を惜しむ声が・・・

スポンサーリンク

槙ようこ 引退

槙ようこ 引退のニュースは、次のように報道されています。

『愛してるぜベイベ★★』などの少女マンガで知られる槙(まき)ようこさんが7月3日、漫画家を引退することを発表した。

『りぼん』8月号で、自身が手がける『きらめきのライオンボーイ』の最終話が掲載されたことを受けて、公式Instagramに投稿した。

槙さんは「私の引退は決して後ろ向きではなく、前向きな気持ちで心に決めていたことなので最後の最後まで夢中で楽しみきりたいと思っています」と思いを綴っている。

「まだまだお伝えしたいことお知らせしたいこともたくさんあります」として、公式Instagramはデビュー20周年期間の2020年3月17日まで継続するという。

槙さんは鹿児島県出身。1999年に『りぼんオリジナル』4月号に掲載された『ラブサービス!』でデビューし、2019年でデビュー20周年を迎えた。

代表作は『ソラソラ』『あたしはバンビ』など。『愛してるぜベイベ★★』は2004年にテレビアニメ化されている。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

槙ようこ 引退発表のインスタ 「りぼん 8月号で」

漫画家・槙ようこ先生はインスタで引退を発表しています。

こちらをご覧ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

本日7月3日発売のりぼんにきらめきのライオンボーイ最終話が表紙と巻頭カラー73Pで掲載されています✨ ぜひ、手にとって読んでいただけたら嬉しいです。 * * そして本誌で読者の皆様にお伝えさせていただきました、 私槙ようこはこの連載を最後に漫画の世界から引退させていただきます。 これまで沢山の方に応援していただき、本当に本当にありがとうございました。 * とはいえ🙌🏻まだまだお伝えしたいことお知らせしたいこともたくさんありますので、こちらのInstagramはデビュー20周年期間の来年3月17日までやらせていただきたいと思います。 * 私の引退は決して後ろ向きではなく、前向きな気持ちで心に決めていたことなので最後の最後まで夢中で楽しみきりたいと思っています。 皆様最後までどうぞお付き合いください。よろしくお願いします。 槙ようこ

槙ようこさん(@makiyokolca)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

槙ようこ 漫画家 引退理由は?

出典ribon.shueisha.co.jp/ym20th/index.html

漫画家・槙ようこ先生は、

「私の引退は決して後ろ向きではなく、前向きな気持ちで心に決めていたことなので」としています。

具体的な引退理由は語られていませんが、

インスタの発表では前向きな理由と言っているので、

売れないからでも、健康が理由でもなさそうです。

 

ただ、2008年3月に体調不良で、連載『山本善次朗と申します』を1年間休載しています。

体調不良を隠して引退なのか、

もしくは20周年ということもあり、

区切りをつけて漫画家を辞め、

私生活を充実させようとのことなのか。

 

何かわかりましたらお知らせします。

スポンサーリンク

「愛してるぜベイベ★★」槙ようこ 結婚してる?

槙ようこ先生のプロフィールです。

 

名前:槙ようこ

本名:福家陽子(ふけようこ)

生年月日:1981年7月11日  37歳

出身地:鹿児島県

家族:漫画家の持田あきは実の妹

学歴:日出高校卒

1999年、高校2年生で17歳デビュー

現在20周年。

代表作:『愛してるぜベイベ☆』

 

 

槙ようこ先生が現在結婚しているのか、

プライベートが公開されていないので不明です。

漫画家さんのプライベートは作品に関係ありませんし、

プライベートが作品の印象に影響を与えてはいけませんしね。

 

公開している漫画家さんも少ないと思います。

スポンサーリンク

槙ようこ、引退を惜しむ声 「あたしはバンビ 好きでした」

槙ようこ先生の引退に、

ファンや同業者、声優が引退を惜しむツイートをしています。

スポンサーリンク

槙ようこ 引退 おわりに

20年間の漫画家生活にピリオドを打つのは、

大変に勇気ある決断だと思います。

今後にもっと大好きな何かを見つけたからだと察します。

漫画家さんは引退しても作品はずっと残ります。

あえて言います。

引退おめでとうございます!

 

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント