齋藤飛鳥 人間力がヤバい!卒業は?本当は暗い子、飛鳥は変わった?

芸能
スポンサーリンク

「齋藤飛鳥は変わった」

メンバーが口々に言う言葉です。

齋藤飛鳥はどのように人間力を磨いたのか、

いったいどういう人間なのか、

インタビューから彼女の本音を見ていきます。

スポンサーリンク

齋藤飛鳥 人間力

   出典headlines.yahoo.co.jp

齋藤飛鳥 人間力のニュースは、次のように報道されています。

『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』から4年、アイドルグループ乃木坂46のドキュメンタリー映画第2弾『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』が7月5日より公開される。2017年から2019年の活動を追いながら、グループの中核を担ってきた1期生・西野七瀬の卒業に揺れるメンバーの苦悩や葛藤が映し出される本作。同期として活動を共にしてきた齋藤飛鳥が、映像を通して改めて実感した心の成長、旅立つ西野への思い、さらには自身の卒業について赤裸々に語った。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

齋藤飛鳥 乃木坂46加入の理由

齋藤飛鳥が乃木坂46に加入するまでをインタビューから拾います。

出典google.com

齋藤は、人とつるむことを好まない。一人で本を読み、一人でご飯を食べ、周りと談笑することもなく、壁にもたれながら本番を待つ姿が映し出される

 

AKB48さんとかハロー!プロジェクトさんとか、キラキラした世界に憧れはあったけれど、自分がそこに入りたいと思ったことはなかった。

 

地元の学校で集団生活が上手にできていなかったので、それを見かねた母や周りの方にオーディションを勧められて受けることに

 

齋藤飛鳥が学校に馴染んでいませんでした。

語ってはいませんが、

母親がミャンマー人のハーフで家庭環境の違いもあって、

周りと違和感を感じていたかもしれません。

また、小さな頃から芸能界入りして子役をやっていて、

周りから浮いていったことと思います。

イジメを受けていたとの話もあり、

齋藤飛鳥自身が「暗い子だった」と言っています。

 

スポンサーリンク

齋藤飛鳥の変化 乃木坂46 センター に

乃木坂46に加入したから急に集団生活に馴染めたわけではありません。

しかし、1期生として加入し、

回りのメンバーと触れ合う中、

また次々と頼りになるお姉さんメンバーが卒業していく中、

アンダーと選抜を行き来していた齋藤飛鳥が、

選抜に固定され、

センターに抜てきされます。

最近はセンターの責任を感じつつも、センターだからといってあまり重く考えないように心がけています

 

「最近、人間味が出てきたね」ってメンバーから言われる。

 

『こういう面は出しちゃいけない』とか、『人前ではこういう言葉を使った方がいい』とか、自分の勝手な判断で(ルールを)決めていたんです。でも、今になって、その判断が『間違っていた』と思うことが多くなってきた

 

だんだん出すようになって、それによって自分も変化し、人に見られることも怖がらないようになった

 

それが、メンバーの目に『齋藤は変わった』というふうに映っていたと思うし、わたしを優しく受け止めてもくれた。だから、乃木坂にいなかったら、こういう変化はなかったと思う

齋藤飛鳥は最初、アイドルはこんな風だろうと演じていた「可愛いアイドルの飛鳥」から、

段々と地が出てきて、

毒を吐きながらも人気を確立していきました。

 

こうして自信がついてきたのでしょう。

 

スポンサーリンク

齋藤飛鳥 卒業は?

齋藤飛鳥は、卒業についてこのように語っています。

「卒業を決断できること自体がすごいこと。素直にかっこいいなって思いました。わたしには将来の目標が全くなくて、今後も出てこないような気がします。どちらかというと流れに身を任せるタイプなので、なんとなく『今かな?』というタイミングが来たら考えるかも」

 

主要メンバーでエースである齋藤飛鳥は、

今卒業したいと言っても、

難しいと思います。

乃木坂46の顔として、様々なプロジェクトの中心にいるメンバーですから、

進行中の企画が全て終わってからでないと卒業は難しく、

卒業を決めてから1年間は無理だと言われています。

 

今卒業を伝えても、

卒業するのは1年後と思われます。

スポンサーリンク

齋藤飛鳥 人間力に世間の反応は?

受けたオーディションが乃木坂でなかったらダメだったかもしれない。
飛鳥ちゃんと同じように、学校に馴染めなかったメンバーもたくさんいるようだから、乃木坂というグループは合ってたんだろうね。

 

齋藤飛鳥が今後担っていくのはそれは絶対そうなんだろうけど
齋藤飛鳥だけに、負わせるのは絶対違うと思います。
抜けた人たちがセンターをしてた曲にほぼ齋藤飛鳥がなっていますが、それはやめてほしい
それは齋藤飛鳥が嫌いというわけじゃくて、まだまだセンターに立ったときの雰囲気、安心感、安定感が西野や生駒に比べると弱いからです。
白石や松村沙友理など年長メンバーそのうち居なくなること必須だと思います。
だからこそ、齋藤飛鳥だけに背負わせるのでなく、もっと分散させてあげてほしい
堀や生田、2期生の同世代、3期、4期生と共に一体となって行ってほしいと思います。
逸材だからこそ、運営には気をつけてほしいと思いますね、一丸となってさらなる成長を見たいと思います。

 

 

卒業したら何も残らないと言うひともいますが、彼女は別に芸能界にいることが目標ではないので成長したという事実(実感)があるだけですでに残っているものがあるのでは?
やりたいことがなくても「芸能界にはないかな」と思ったらやめたらいい。。
それこそ彼女がなんとなく今かな?と思ったタイミングで。

 

可愛いね 以前に比べたら人間力上がったけど
他メンバーと比べたら人間力はそんなに高くないイメージ。自由な言動も魅力なのかもしれないが、メンバーや後輩からもアシスト&フォローされてるイメージがあるかな

スポンサーリンク

齋藤飛鳥 人間力 おわりに

昨日、2019真夏の全国ツアーが名古屋からスタートしました。

白石麻衣欠席の中、

堂々と主役を張っていたのは齋藤飛鳥でした。

 

もはや乃木坂46から白石麻衣が卒業しても

安心を感じる堂々とした主役ぶりでした。

 

周りに支えられながらここまで来ています。

今後は後輩たちを導ける存在になって欲しいと思います。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント