オレンジデーっていったい何?オレンジーデーについて知っておきたいことまとめ

オレンジデー
スポンサーリンク

春が近づいてくると、日本でも「オレンジデー」という言葉を耳にするようになりましたよね。けれど、バレンタインデーやホワイトデーとは違い、まだまだオレンジデーがどんなものなかの知らない人も多いと思います。

 

またオレンジデーをお祝いしたいけれど、「どうやってお祝いしたらいいか分からない!」という人もいることでしょう。

そこで今回は、オレンジデーについて知っておきたいポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

オレンジーデーとは?

オレンジデーは、日本だけでなく韓国で行われている「オレンジ」にまつわる記念日です。大切な人にオレンジ色の物やフルーツのオレンジを使ったプレゼントを送り、お互いの大切さを認識し合います。

 

オレンジデーは「4月14日」。2月14日のバレンタインデーや3月14日のホワイトデーに続いて、4月14日と制定されているので覚えやすいですね。ちなみに日本のオレンジデーは4月14日ですが、韓国のオレンジデーは11月14日となり、異なります。

スポンサーリンク

オレンジーデー どうして始まったの?

そもそもオレンジデーは、みかんで有名な愛媛県の農家が1994年に最初に始めたとされています。

 

そのため、オレンジ(みかん)の消費を狙った記念日ですが、オレンジの花ことばには「花嫁の喜び」という花言葉があります。ですから、大切な人への愛を表現する日としても、オレンジデーが成立しているのです。

 

もちろんオレンジデーは恋人や好きな人だけが対象ではなく、家族や友人など自分の愛する人すべてに捧げる記念日となります。幅広い意味合いが考えられるオレンジデーは、バレンタインデーやホワイトデーに続く愛の記念日として、話題になっているのです。

スポンサーリンク

オレンジーデー 世界では浸透しているの?

残念ながらオレンジデーは日本と韓国以外では浸透していない記念日です。

 

韓国ではオレンジデーというと、「恋人と一緒に映画を見ながらオレンジジュースを飲む日」として知られています。オレンジにちなんだプレゼントを贈るのではなく、「映画を見ながら」というのがポイントとなっているため、韓国ではムービー&オレンジデーとも呼ばれることがあるそうです。

 

ちなみに韓国では毎月14日が恋人とお祝いをする日になっているため、オレンジデーも恋人のための記念日と言えます。日本のオレンジデーとは少し異なりますね。

スポンサーリンク

オレンジーデー 日本でも浸透する?

1994年頃から始められたオレンジデーですが、祝っている人はまだまだ少ないようです。しかし、フルーツのオレンジの商品やオレンジ色のお花などを購入してもらうため、イベントも行われています。

 

ちなみにディズニーシーではディズニーキャラクターのオレンジバードを使った記念品が配られるなど、しっかりとオレンジデーがお祝いされています。今後、オレンジデーが注目されていけば、様々なイベントが開催されることでしょう。

スポンサーリンク

オレンジーデー スイーツ

またオレンジを使ったスイーツ作りも人気で、オレンジケーキやオレンジスライスのチョコレートがけなど、お菓子をお家で作る人も増えています。中でも、オレンジをまるごと使ったオレンジゼリーは、さっぱりしたものが食べたくなってくる春の気候にぴったりですね!

 

動画参照 オレンジゼリーの作り方(レシピ)


オレンジデーには、オレンジ色やオレンジにちなんだ商品を購入してみるのも良いですし、せっかくならバレンタインデーやホワイトデーのようにオレンジを使ったスイーツを作ってみるのも素敵ですね!

また韓国のまねをして、恋人や家族とオレンジジュースを飲んだり、オレンジの衣服を身に付けたりしても楽しいと思いますよ。

スポンサーリンク

オレンジーデー まとめ

・オレンジデーは4月14日に制定されたオレンジにちなんだ記念日である
・オレンジデーは愛媛県の農家によって始められた。
・オレンジデーは日本と韓国でお祝いされている記念日である
・オレンジに関連していれば、どんなふうにでも楽しめる

オレンジデーは誰もが気軽にお祝いできる記念日です。あなたも今年の4月14日はオレンジデーを祝ってみてはいかがでしょうか。

オレンジデー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント