PL学園野球部 復活可能性がヤバい!OB桑田真澄が動いた?

スポーツ
スポンサーリンク

PL学園野球部が復活可能性がでてきました。

動いていたのは桑田真澄らOBです。

スポンサーリンク

PL学園野球部 復活可能性

PL学園野球部 復活可能性のニュースは、次のように報道されています。

 春夏の甲子園で通算7度の優勝を誇るPL学園高の硬式野球部が復活する可能性が10日、浮上した。2016年夏の大阪大会から休部状態だった。11日に大阪市内で開催される野球部OB会総会で、教団側と折衝していた桑田真澄会長(51)が今後の方向性について注目発言をするとみられる。

「1・11」-。一度は閉ざされたPL学園野球部の扉が、再び開けられるかもしれない。大阪市内のホテルに桑田OB会長らが集結する。開催されるOB会総会で、休部状態から何らかの方向性が示される可能性が出てきた。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

PL学園野球部 復活可能性はあるか?

PL学園野球部復活のキーマンは、

OBの桑田真澄でした。

 4年ぶりの復部に向け、あるOBが一定の手応えがあることを明かした。今年は学校創立65周年。春夏の甲子園で通算7度の全国制覇を誇る名門の第2章が始まるか-。

PL学園は2013年に部内暴力により6カ月の対外試合禁止処分を受け、当時の河野有道監督が引責辞任。それまでにも部員間の暴力やいじめなどが相次ぎ、教団側が野球部の存続について態度を硬化させた。14年秋に新入部員の募集停止で休部の動きが発覚。16年7月を最後に休部となった。

教団側を動かしたのは昨年1月にOB会長に就任した桑田氏だった。昨秋の「マスターズ甲子園」にOBチームを結成。野球部の活動再開に向けた第一歩であると同時に、桑田氏は母校を訪れたときに、教団側にも報告する機会があった。

桑田氏は当時、「『復部してくれ』だけでなく、どのように復部するかも大事。教団の意向、こちらの意向をいろいろと議論させてもらっている感じ」とこれまでにも複数回、意見交換してきたことを明かしていた。

「マスターズ甲子園」では予選を勝ち上がり、11月9日に甲子園出場。利根商を相手に5-1で勝利した。スタンドには阪神・福留がサプライズで駆けつけるなど、OBらが1400人集結。PL学園名物の人文字や、ブラスバンド、チアリーディングでの応援などオールドファンの心をくすぐった。別のOBは「あれだけの皆さんが集まってくれた。みんな、やってよかった、といっている」と振り返った。

スポンサーリンク

PL学園の反応は?

このOBの動きに、PL学園の反応はどうでしょうか?

 関係者によると名門復活を望む波を教団側も感じ取り、態度を軟化させた可能性があるという。巨人のエースとしてNPB通算173勝をマークし、卒業後も教団と良好な関係を築いてきた桑田氏が積極的に復部に向けて尽力していることも教団側を動かした要因だ。

復部となれば教団の信者であることが条件となる監督の人選、選手の募集だけではなく、トラブルを二度と起こさない仕組みも必要になる。

OB会総会で桑田氏の口から、どのような報告、発表があるか-。新たな歴史が始まる一日となるかもしれない。

スポンサーリンク

PL学園野球部 復活可能性に世間の反応は?

強豪校だっただけにPL学園が休部(当時廃部だった気がする)のニュースが流れた時は衝撃的だった。この苦い経験を肝に銘じて、新しいルールを作って、是非復活を遂げて頂きたい。そしていつの日か甲子園の土を踏み、PL学園の校歌が流れることを願いたい。

 

高校野球大阪府予選は、他の地域とは異次元なくらいの激戦区。復活したところで16強も難しいのでは。名門復活の思いは理解できるが、儚い球児たちに背負わせるべきではない。

 

PL野球部という広告塔が必要になったのだろう
学校経営も教団経営も苦しいのかもしれない

 

そもそも
高校野球の選手集めて
PL教団の広告塔だったからね
(生徒の不祥事も多かったが
関東のマスコミは一切報じず)

 

昔、相撲界では憎たらしいほど強かったと言われた人がいたけどね。
高校野球界ではPL学園がまさにそれ。
知らない人はピンと来ないだろうけど。

 

PLの桑田監督は見たい
清原がどうのよりよっぽど興味がある

 

PL教信者で同高校卒業した者ですが、後輩に聞くと現在はかなり生徒数が減少して、1学年30人くらいしか生徒がいないようです…。そこから復部できるのか、なかなか厳しいようにも感じます。また、教祖はまだしも教祖の奥様が勉学に力を入れたい、スポーツはあまり、とのことで現在の状態になったと聞いているので、なかなか簡単なことではないと思いますね。

 

復部しても真の復活には桑田氏が監督を務める事が1番の近道。教団の背景もあるので、子供たちや親御さんがどんなイメージでPLを捉えているかが非常に重要。少子化・大阪2強時代を思うとかなりのリスクを伴うのは間違いない。

スポンサーリンク

PL学園野球部 復活可能性 おわりに

昔、PL学園は甲子園の名物高校で、

PL教団の名前を知ったのもPL学園野球部からでした。

野球部じたいは、

陰湿ないじめや暴力が伝統として残り、

いくら対策しても止まらなかったため、

廃部にしたのも納得な処分でした。

今後、野球部が復活するのかどうかは不明ですが、

オールド高校野球ファンも気になるニュースです。

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント