島田紳助、激怒の真相がヤバい!紳助復帰計画、宮迫が潰した?

芸能
スポンサーリンク

宮迫博之に、島田紳助が激怒した真相とは?

島田紳助復帰計画とは?

過去の紳助引退の真相は?

スポンサーリンク

島田紳助 激怒 真相

島田紳助 激怒 真相のニュースは、次のように報道されています。

騒動の余波は広がっている。

反社会的グループのパーティーに参加し、100万円のギャラを受け取ったとして「無期限謹慎処分」となった「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)。同時に処分を受けた他の芸人たちに比べ、レギュラーを多数抱える売れっ子だけに、芸能界に与えた影響は計り知れない。

そうした宮迫の騒動に、宮迫と同じ元吉本興業の島田紳助氏(63)が激怒していると一部週刊誌が伝えた。島田氏は8年前の2011年8月に、暴力団との親密交際で引退している。

記事によれば、紳助氏は、今年の「24時間テレビ」放送直後の「行列のできる法律相談所」にゲストとして出演する計画があったという。日テレ局内で“Sプロジェクト”と呼ばれていた上層部肝いりの企画だったが、今回の騒動で、プロジェクトは頓挫。紳助氏は「自分の教訓が後輩芸人にまったく生かされていない」ことに憤り、特に「行列」で紳助の後釜となった宮迫に対しては涙を流しながら怒っていたという。テレビ局関係者が声を潜めて話す。

「紳助氏の復帰計画が極秘裏に進められていたのは本当です。観覧席に座らせておいて、たまたま見に来たという演出も検討されていたと聞いています。それで視聴者の反応など、復帰への観測気球を上げる意図もあったようです。しかし今回のことで、計画は即座に中止となってしまった」

紳助氏の引退理由は、当時、指定暴力団山口組の高山清司若頭と、極心連合会の橋本弘文会長のスリーショット写真が写真週刊誌にスッパ抜かれたこと。引退会見では「自分の中ではセーフだと思っていました」と涙ながらに語ったが、暴力団排除条例制定の動きが広がる中での親密交際を裏付ける写真流出は致命的。「明日からは一般人として静かに暮らしていきたい」と語っており、その後、沖縄の恩納村のマンションで生活する様子などがたびたび報じられていた。

「紳助氏は京都、大阪、東京などに複数の不動産を所有しており、行き来しているようです。表向き“復帰の意思はない”とされていますが、有名どころの後輩芸人との交流は続いているようです。たびたび流れる復帰待望論に、本人もまんざらではなく、チャンスがあればと考えているようです」(ワイドショー芸能デスク)

しかし計画は完全に頓挫。宮迫自身も周辺も、“雨上がり”とは程遠い状態が続きそうだ。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

島田紳助 引退理由は?

島田紳助は暴力団と親交があり、

暴力団と組んで不動産取引を画策していて、

極心連合会会長や山口組ナンバー2との3ショットが流出しました。

紳助はJR京都駅や阪急河原町駅近くの広大な土地を手に入れるために、この物件の「キーマン」と呼ばれる、地元の人権団体「崇仁・協議会」会長・川村眞吾郎氏に面談することを熱望していた。
紳助は中堅建設会社の京都支社に勤める会社員とこの土地取引をめぐって面談した際に、川村氏を紹介するよう依頼。その面談の場には極心連合会の幹部がいた。
単に付き合うどころではない。紳助は、暴力団と一緒になって不動産ビジネスをしようとした。そのことが、事実として最高裁に認定された。

紳助は極心連合会会長の橋本弘文氏に加えて、山口組ナンバー2で弘道会会長の髙山清司氏とも親しく、彼ら山口組「最高幹部」二人とのスリーショットまで存在した。

引用matome.naver.jp/odai/2142257019297388301

こちらの写真です。

スポンサーリンク

島田紳助 引退会見動画は?

島田紳助はこの関係をセーフだと思ったと言っています。

引退会見の動画はこちらです。

スポンサーリンク

島田紳助 復帰計画とは?

紳助の復帰計画はこのようなものでした。

・今年の「24時間テレビ」放送直後の「行列のできる法律相談所」にゲストとして出演する計画

・観覧席に座らせておいて、たまたま見に来たという演出も検討

・視聴者の反応など、復帰への観測気球を上げる意図もあった

 

ところが、

宮迫博之らの詐欺グループの忘年会報道で、

芸人と反社会的勢力との関係に、

社会のの目が厳しくなり、

計画がとん挫し、

紳助が宮迫らに激怒したとのことです。

スポンサーリンク

島田紳助 激怒 真相に世間の反応は?

紳助が怒るのはお門違いのような…

 

どこまで本当か分からんな
紳助はだいぶ稼いだと思うし、今更未練もないっしょ

 

反発を買うリスクを負ってまで、復帰させる側としてはどういうメリットがあるんだろう?

 

これだから芸能界は甘いと言われる。一般社会で、暴力団と交際があり、クビになったとしたら、何年経っても会社には戻れない。
宮迫に怒るのは筋違いで、自身の反省を活かしてもらえなかった会社の吉本に怒るなら解るが。
潔く引退した身であるとするならば、復帰は考えないで欲しい。

 

一度引退した人はでないでほしい。ましてやヤクザとの関係が指摘されて引退してるわけだから尚更のこと。そんなことを許すのであれば、世間は余りたいしたことではないと錯覚するだろう。表にでる人間に対してはそういう点からも特に厳しくする必要があると思う。その自覚がなければ表にでるべきではないと思う。

 

しかし今考えたら、さらに前の吉本社員への暴行も含め、やらかしたこと自体は誉められないけど引き際は見事だったし、今現在調子こいてる忍の強引で不愉快なMCっぷりと比べたら、紳助の事をなおさら再評価せざるをえないのが正直なところです。
でも、そんな見え透いた演出で、しかも世間の様子を伺いながら復帰への足掛かりとしようとするのは、多くの視聴者から受け入れられないでしょうね。それこそ24時間テレビに匹敵する茶番劇でしかありません。
紳助が復帰して良いか否か、それは人によって考え方が異なると思いますが、やり方が姑息過ぎます。
立ち消えになって良かったよ。
これをやってたら日テレ袋叩きだったろうよ。

スポンサーリンク

島田紳助 激怒 真相 おわりに

どこまで信ぴょう性のある記事かわかりませんが、

定期的に島田紳助の復帰話が出ます。

こういった記事こそ世間の反応を見る観測気球ではないでしょうか?

世間的にはますます島田紳助復帰の状況ではなくなっているように思えます。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント