大正楼 取り壊しの真相とは?阿部定が最後にいた遊郭

社会
スポンサーリンク

大正楼の取り壊しが話題になっています。

大正楼とはなんでしょうか?

取り壊しがそんなに話題になること?

大正楼の取り壊しを調べました。

スポンサーリンク

大正楼 取り壊しの真相

今回のニュースは次のように伝えています。

兵庫県篠山市内の市街地にある元遊郭の建物「大正楼」が、老朽化などによる損傷が激しいため、篠山市が「特定空き家」に指定し、近く取り壊されることがわかった。

「篠山町七十五年史」によると、大正楼は、昭和初期に愛人の男性を殺害した「阿部定」が最後に遊女として勤めた場所でもある。

地元住民は、「崩れ落ちているところもあり、危ない状態になっていたので、取り壊されると聞き安心している」とし、「遊郭があったということに良い印象はない。早く歴史の中に埋没していってほしいと思う」と複雑な心境を吐露している。
出典headlines.yahoo.co.jp

・元遊郭の建物「大正楼」が老朽化のため、取り壊される

・「大正楼」は阿部定が最後に遊女として勤めていた遊郭

・阿部定は「大正楼」から逃げ、遊女から足を洗っている

・地元の人間は、「大正楼」を快く思っていない

スポンサーリンク

大正楼はボロボロだった

出典headlines.yahoo.co.jp

出典huffingtonpost.jp

裕福な家に生まれたのち、

数奇な運目により、阿部定は芸者から娼婦への転落していきます。

その最後の遊郭が大正楼です。

 

大正楼から脱走した後、各地を点々としたのち、

阿部定は東京中野の料亭で働くのですが、

そこで出会ったのが石田吉蔵。

 

石田吉蔵と愛人関係になり、

性交中に彼を殺してしまいます。

 

死なせてしまった後、

彼の局部を切り取り大事に持ち去ったことで、

「阿部定事件」は日本中に注目されます。

スポンサーリンク

平成の阿部定 渡辺麻友の「サヨナラ、きりたんぽ」

阿部定事件は1936年のことですが、

2017年には阿部定事件をモチーフにしたコメディドラマが作られました。

 

AKBの渡辺麻友さん主演で、

タイトルが「サヨナラ、きりたんぽ」の予定でした。

 

きりたんぽをアレにかけているわけですね。

 

ただ秋田県から抗議があり、

放送直前に「サヨナラ、えなりくん」に改題しました。

 

えなりくんからは抗議がなかったのですね 笑

 

 

スポンサーリンク

大正楼 取り壊し まとめ

大正楼の取り壊しについて、

世間の声を拾ってみました。

 

こういう建物は日本各地に残っていて、あるものは民家として、あるものは旅館として、あるものは料亭として使われている
元遊廓は決して暗いだけの過去ではないと思うが…

 

住民が自分の町の歴史を今の価値観でつぶすというのは残念。こういった建物も保存して将来の世代に伝えたいと願います。

 

軍隊があったところにはこういうのができるんだね。
大阪の信太山に現在も営業しているところがある。
信太山は現在は自衛隊の駐屯地があるけどかつては旧軍が駐屯していたそう。
この周辺の少年はここで筆おろしするのが多かったな。

 

うちの近くの有名な温泉地にも遊郭だった建物があって、割れたガラスから中の様子がちょっと見えたりしてワクワクしてました。いっときは保存するという動きもあったものの、女性軽視だということで壊され、今は駐車場になってしまいました。

遊郭って確かに負の遺産かもですけど、そこで育まれた文化とか多いし、建物自体とてもお洒落で観光資源になると思うんですけどね。

個人的には非常に残念です。

 

確かにカメラを持って人んち勝手にパシャパシャ撮るのは良くないけど、撮影してるとご近所の方親切に色々教えてくれるし、困ってると言ってるのは本の一部でしょうね。
実際取り壊しが決まったときも町の人たちは貴重な建物だからどうにか残せないものかという意見も多数あったと聞きます。

 

確かに遊郭にはどうしてもマイナスなイメージがつきまとう。ただ安易に一言で片付けられる歴史じゃない。(時代や場所によっても大分意味合いが変わってくる)
女性が働く場所などほとんどなかった時代に果たしてきた役割は大きい。身売りされなければ行く当てもない女性たちのある種受け皿になっていた部分もあったんじゃないかと思う。
むしろよく今まで残されていたなーと感心するくらい。
ここまで老朽化してしまうと解体もやむを得ないかとも思うけど「見たくないものだから消えてもいい」っていう考え方には賛同できない。
地元の方は複雑だろうけれど、全国的にも貴重な遺構。資料だけでも丁寧に残して欲しい。
たとえ負の遺産でも、あるいはだからこそ世代を超えて語り継ぐ必要があると思う。

遊郭の雰囲気は独特のものがありますね。

歴史的な建物でもありますが、

過去の時代を知る地元の人にとっては、

遊郭は何とも言えない気持ちかと思います。

 

昭和の記憶はこうやって、

一つ一つ消えていくのでしょうね。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント