協栄ジム 報道否定がヤバい!金平会長とオーナーの確執とは?オーナー誰?

スポーツ
スポンサーリンク

協栄ジムが活動休止の報道を否定しています。

金平会長とオーナーの確執とは?

オーナーは誰?

スポンサーリンク

協栄ジム 報道否定

協栄ジム 報道否定のニュースは、次のように報道されています。

 プロボクシングの協栄ジム(東京・新宿区)が活動休止となることが7日、分かった。金平桂一郎会長(54)が9日にも、ジム会長らで組織する東日本ボクシング協会へ休会届を提出する見通し。同会長とジムを運営するオーナーとの“確執”が背景にあるとみられ、ジム側は活動休止を否定するコメントを発表。名門ジムが危機的状況に陥っている。

具志堅用高ら13人の世界王者を生んだ名門ジムがプロ活動休止となる。金平会長はこの日、「ジムの実質的な経営を任せていたオーナーと私で行き違いになり、溝が生まれたため」と明かした。

金平会長は9日にも休会届を提出する予定だ。一方、協栄ジムはこの日も通常営業しており、スタッフは「昨夜聞いて冗談かと思った。選手がかわいそう」と戸惑いの表情。公式ホームページでは「活動休止を予定している事実もございません」と否定のコメントを発表した。

関係者によると、金平会長と実質的オーナーとの金銭面を含めた確執が理由だという。ライセンスを保持している金平会長が休会届を提出すれば、受理される見通し。

同ジムには現在、元世界2階級制覇王者の亀田和毅(28)ら13人のプロボクサーが所属。所属ジムが休会になると試合には出場できなくなる。22日の全日本新人王決勝戦に亀田3兄弟のいとこ、亀田京之介(21)ら所属2選手が出場予定。6日に金平会長から休会の連絡を受けた東日本協会は、ジム側に選手の移籍を促している。

協栄ジムは1959年設立。父親の正紀氏から継いだジムの歴史に一度、幕を下ろす金平会長は「このような結果になってしまって残念。責任を感じる」。活動の再開については「双方の代理人の協議次第なので、よく分からない」と話すにとどめた。

国内ではガッツ石松ら世界王者5人を生んだヨネクラジムが2017年に閉鎖している。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

協栄ジム  ホームページで報道否定

金平桂一郎会長は、

東日本ボクシング協会へ休会届を提出する見通しですが、

協栄ジム側は報道を否定しています。

 

協栄ジムのホームページを見てみましょう。

本日、一部のメディアにおいて、当ジムが活動休止を予定している旨の報道がありましたが、
当ジムが発表したものではなく、活動休止を予定している事実もございません。
当ジムは、引き続き、会員の皆様に対してこれまで同様のサービスを提供してまいります。

引用http://kyoeigym.com/news/news_detail.php?id=342

スポンサーリンク

協栄ジム  休会届けで困ることは?

金平会長が休会届を出すと、

どうなるのでしょうか?

一般会員が同場所でボクシングトレーニングを行うことは可能だが、金平会長が休会届を提出して受理された時点でプロジムではなくなり、プロ興行を行うことも協栄ジムの所属選手としてプロライセンスを持つ選手は、JBC管轄下での試合はできなくなり、「これまで同様のサービス」が、プロとして試合することを含むのであれば、その提供はできなくなる。

現在、協栄には10人以上のプロ選手が所属。22日に行われる全日本新人王決勝には、東日本でMVPを取った亀田3兄弟のいとこの京之介(21)、竹原毅(24)の2人が出場予定だが、新しい所属先を見つけて移籍を完了させなければ、特別な救済処置がない限り、試合出場はできない。

引用https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00010001-wordleafs-fight

一般会員は練習できるけれど、

プロ選手は試合ができないとのことです。

 

スポンサーリンク

協栄ジム  実質的オーナーとは?確執の原因は?

金平会長によると、11月26日に、突然、実質のジムのオーナーであるY氏から「あなたはクビだと宣告された」との話です。

以下は金平会長の発言です。

 協栄ジムの経営は亀田3兄弟がジムを離れてから徐々に悪化。2012年には新宿区にあった自社ビルを売却し、Y氏がトップの某スポンサー企業から支援を受けてジムを立て直した。その際、金平会長は経営権と「協栄」の商標を譲渡、「協栄ジャパンホールディングス」という会社が設立されてジムが運営されることとなり、その運営会社からの業務委託という形で金平会長は会長業を続けていた。実態としては、その経営権を買ったオーナーからの“雇われ会長“という形になっていた。

「実質のオーナーとなっていただいていた方から”あなたはクビ、以降、お金は出ません”と宣告されました。“クビっておかしくないですか、何をもってクビと言うのですか”、と聞くと“クビはクビ“と言って話にならない。そこでコミュニケーションがあればよかったのですが、あまりに一方的でした。しかも、業務委託費が支払われる日の3日前です。どうやってジムを運営しますか。会長の私には選手の管理監督責任があります。もし選手が練習や試合で倒れて病院に行くようなことがあれば、誰が、その責任を負うのですか。私がその責任を負えない状況のまま、休会届けを出さずにしておくのは無理な相談でしょう」

突然の業務委託打ち切りの”解雇通告”を受けた後にも両者による協議は行われず、金平氏は、やむを得ず休会届けを提出し、1959年に先代会長の故・金平正紀さんが設立した(協栄の名称は1966年から)名門ジムを一度、閉める決断をした。

「もし(業務委託の打ち切りまで)1か月や2か月の猶予があり、“この後はどうしましょう“と話し合う時間があれば、こんな行動はしません。選手の今後などについても話ができましたが、3日前では、どうしようもありませんでした」

引用https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00010001-wordleafs-fight&p=2

オーナーのY氏が今の所誰かわかっていませんが、

この発言からわかったことは、

・スポンサー企業のトップ

・協栄ジムの経営権、商標を持っている

・2012年からオーナーになっている

・金平会長との関係は、オーナーと雇われ会長

スポンサーリンク

協栄ジム 報道否定に世間の反応は?

一度ジムを傾かせた金平会長に経営の資質が無いのはわかる
オーナーが道楽のタニマチでなければ湯水のごとく資金提供は出来ないのだから赤字が続くなら会長に辞職を勧告するのも当然でそれに反抗しての休会届提出という言わば「死なばもろ共」の自爆テロってことだろう
真面目にボクシングやってる選手に影響がないようにボクシング協会側の配慮は必要だが金平会長を守る必要は無いと思う

 

まあ、この『実質オーナーのY氏』と言う人物の言い分を聞かないと判断しかねる部分はあるが、ジムを赤字にした上にジムにほとんど顔を出さないとなると、『クビ』と言われても仕方ないような・・・・とにかく金平氏もY氏も選手を第一に考えて行動して欲しい。

 

協栄のハコ物のオーナーY氏が金平会長をクビにしても、ジムの法律上書類上の会長が金平氏なのは代えさせることが出来ないということであれば、もうジムは畳むしかないし、その方が良いと思う。
ただ在籍してるプロの選手の移籍先はなんとかして上げてほしい。

 

金平会長は、経営能力に欠けているのであれば そりゃクビですよね。
そもそも金平会長のは、休会届を出す権限が無い訳でしょ。
選手の事を思うのであれば、選択肢は他にも合ったはずだが。

 

亀田家が離れてから悪化とあるが、和毅が再び日本で試合が出来るようにしたことなど最近もまだ繋がりはあった筈。

 

西日本の渥美ジムの方がもっと酷いよ。大東がクビになるまでは勝率が最も高かったジムなのに今や試合の出来るプロ選手が一人も居ない弱小ジムに。大東のあとも会長代行が何人もオーナーや仲村の指示でクビされた。

 

批判を承知で申し上げるけど、亀田一家を引き受けてからが、どうも良くない方向に行き出したような気がしてなりません…。

 

金平氏はクビとしても、代わりの代表を立てて「協栄ジム」を継続することができない事情がある?
今回の一件、そのへんがよくわからないのがなんとももにょる。

 

まずオーナーも会長も、選手がどう思ってるか聞いてそれで決めたら?
顔出さない会長でも現状のままがいいのか、会長辞めさせるなりジム閉めて選手は移籍するのがいいのか。

 

会長を名乗ってるなら多分一般企業の取締役に相当するのだろう、取締役は従業員と違って株主が同意すれば任期中でも辞めさせられる。
突然クビと言われてもなんらおかしくない。

 

2代目は難しいんだな、また、オーナーも苦渋の選択でしょう。会長クビは仕方ない。この文面以外もあったのでしょう、オーナー説明も聞きたいが、察する面はある。

スポンサーリンク

協栄ジム 報道否定 おわりに

協栄ジムが今後どうなるのかわかりません。

会長とオーナーの確執があるのはわかりましたが、

プロの選手がかわいそうですね。

早くなんらかの解決策を見つけて欲しいと思います。

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント