林葉直子 復活宣言がヤバい!現在の姿は?美少女棋士から、転落人生?

芸能
スポンサーリンク

林葉直子の復活宣言が話題になっています。

林葉直子の現在の姿は?

過去のお騒がせな歴史とは?

スポンサーリンク

林葉直子 復活宣言

林葉直子 復活宣言のニュースは、次のように報道されています。

 お騒がせ遍歴を重ねた林葉直子(51)が将棋イベントに登場した。駒を握ったのは、プロ棋戦に特別招待選手として出て以来、9年ぶりという。彼女にその感想を求めると、復活宣言も飛び出して――。

角道をあける。飛車先の歩を突く。将棋の初手はどちらかが一般的である。飛車の弱点の斜め左を真っ先にあける「3六歩」など、もってのほか。だが林葉はこの奇手をしばしば使い、“得意戦法”にしていた。

将棋界を去っても、ヘアヌードに不倫の暴露、自己破産と次々に奇抜な話題を振りまいた。2013年末には、末期の肝硬変で「余命1年」を宣告される。以来、故郷の福岡で療養中だった。

そんな無頼派女棋士が、兵庫県姫路市内で開かれた将棋イベントに姿を見せたのは今月10日。盟友の中井広恵元女流名人と対局し、一度に2人を相手にする2面指しで参加者に指導もした。だが異様なまでにやつれた容姿は相変わらず。体調は大丈夫なのか?

「すごく調子いいんですよ」と、林葉本人が語る。

「福岡に戻ってからは完全に禁酒しているし、塩分を抑えた食事も続けています。薬もちゃんと飲んでるから。1年の命と言われたときは落ち込んだけど、“神様が宝くじを当てるために生かしてくれているんだ”なんて考えていたら、“生きてるだけでありがたい。なにかしたいな”と思えるようになって。その“なにか”はまだはっきり分かりません。でも、やっぱり私には将棋しかないのかなと感じています。それで、今回のお誘いを受けたんです」

人生の投了は早すぎるとばかりに、力強く宣言するのであった。

そして彼女は、復活後の、次の一手を語る。

「今回のような将棋のイベントも、お声がかかれば喜んで出たいです。まだその予定はないですけど。二十数年ぶりの広恵ちゃんとの対局は時間切れで勝敗はつかなかったから、またやりたいな。いまの腕前はアマ四段くらい。全盛期を100とすると40あたりだけど、少し勉強すれば80くらいになると思う。相手を攪乱する手が好きなのは変わってないから、また、“3六歩”を指すかもね」

実はほかにも、こんな手を繰り出していた。

「コメンテーターをやってみたくてテリー伊藤さんの会社に電話したんです。なんでもズバリと言うテリーさんが好きでね。私、将棋だけでなく、いろいろな問題に忖度なしでコメントできると思うんです。でも体調がよくなっても顔にお肉がつかなくて、見た目が“オバケ直子”だから……」

テレビ出演は厳しいかな、と笑う。ならば、と“林葉コメンテーター”に中原誠十六世名人との不倫について訊ねてみると、

「不倫には深く入り込まず、さっさと別れるべきです。私は、不倫で将棋界からいなくなっちゃった。バカなことをしました。あれから結婚もせず、交際相手もいませんが、中原先生との子どもを産んでいたら、名人ぐらいにはなっていたかな。もしかしたら、藤井聡太くんにも勝てたかも」

いきなり、「3六歩」並みの型破りなコメントである。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

林葉直子 51歳の現在

林葉直子、

末期の肝硬変で「余命1年」を宣告されましたが、

現在の姿がこちらです。

とても51歳とは思えないですね。

肝硬変と投薬の影響ですね。

スポンサーリンク

林葉直子 少女時代

 中学1年で米長家(米長邦雄永世棋聖)の内弟子となり東京へ出た林葉は、貯金通帳や印鑑をすべて父親に預けた。そこには後にいくつもタイトルを獲り、また20冊以上ものベストセラー小説を書いた、賞金や印税が振り込まれていた。それらをすべて勝手に使われてしまったという。目的は女遊び。

福岡の将棋大会で男子(森下卓九段)を破り優勝し、東京へ出た林葉は奨励会(※)試験に合格し6級で棋士生活をスタートさせていた。女流棋界には進まずに奨励会員として棋士を目指すというのが、米長の弟子となる条件だった。

ある日、千駄ヶ谷の将棋会館で小さな事件が起こった。

林葉は奨励会員、私はあの袋小路のような将棋道場から奇跡のように抜け出し、将棋連盟の職員として働き始めたところだった。将棋会館の廊下で騒ぎ声が聞こえる。

 

 

林葉直子は将棋会館で、

実の父親に殴られていました。

この父親は警察官でしたが暴力がひどく、

また林葉直子の稼いだ金を使い込むような親でした。

スポンサーリンク

林葉直子 中原誠  不倫

世間の目は一人の美少女棋士に集まり、未来は明るく輝いていた。その後林葉は女流王将を10連覇という偉業を成し遂げる。まさに向かうところ敵なしだった。

しかしその後、

なかば強引にイギリスへと一人旅立っていった。

世間では“林葉直子、失踪”と大騒ぎになりました。

しかし、数年後、将棋界をひっくり返すような大事件が起こる。中原誠永世十段との不倫を週刊誌に告白した。しかも留守番電話に録音されたテープを流すなど強烈な内容だった

林葉は中原の子を妊娠したと思い込み海外に飛び出したのだが、

それは間違いだったとわかり、

そのまま長い旅行をしていました。

スポンサーリンク

林葉直子 肝硬変で余命1年

林葉直子は5年前に、

肝硬変で余命1年を宣告されていました。

肝移植しか完治の見込みがないと言われたのだが、今はなんと、もっともよい数値に戻っているという。福岡に戻ってからの完全禁酒と、治療薬療法が功を奏したという。

 

しかし肝臓病の副作用は全身に及んでいる。3年前にはマンホールのわずかな段差に足をとられて転倒。大腿骨骨折の重傷。それももとは肝硬変による骨粗しょう症が原因でした。

 

林葉は今、完全禁酒と減塩と野菜中心の生活、そして8種類の薬を飲んでいます。

スポンサーリンク

林葉直子 復活宣言に世間の反応は?

ブラックジョークが過ぎるけど、名人も林葉直子も全盛期は本当に強かったから、ずば抜けて頭のいい遺伝子を持ってる可能性はあった
生き方で全部台無しにしてしまったけどね
なんでこうなっちゃったかなあ…

 

きれいだったんたから、ダメだと思ったら、チャチャっと別れて、他の男と結婚して家庭を作れば、それなりに幸せな人生になったはず。
将棋は上手くても、生き方は下手だったということ。

 

「中原先生との子どもを産んでいたら、名人ぐらいにはなっていたかな。もしかしたら、藤井聡太くんにも勝てたかも」
確かに最強DNAだった事は間違いないな。全盛期のこのお二人の強さは、正に天才的だったから。
野次馬的には、見たかった気もするが・・・

 

 

なんでこんな容貌に!?と思ったら肝硬変でしたか…
私の親戚も肝硬変でしたが酷く痩せておられました
本当に強くて綺麗な人だったから、ただひたすらに将棋だけ指してたら、
また違った人生だったでしょうね
たらればですが。

 

下世話な話題でなく、純粋に生物的に考えて中原16世名人と林葉直子の子供ならスーパー天才棋士になっていたかもしれませんね。
中原16世が受けた社会的な傷も大きかっただろうけど、本人もつらくて酒に走ってしまったんだろうなぁ。
「余命1年なんて診断をしたやぶ医者でてこーーい!」って言えるように1日でも元気で楽しく将棋を指して下さい!

 

現地で林葉さんを直に拝見することが出来ました。
林葉VS中井は往年のゴールデンカードですからね。
体調がすぐれないにも関わらす、対局中は背筋を真っ直ぐ伸ばしておられました。
復活を期待します!(^_^)

 

あの冤罪事件で当初からマトモな発言をしていたのは、この人と他数名だけ。
まだまだ元気でいてほしいと願ってます。

 

いちばん記憶に残っているのは不倫当時、中原さんが林葉さんに対して「こうやって羽生くんに勝ったんだよ」と解説していたとされるシーン。
プロ棋士ってどんな時でも将棋のことを考えているんだね。今でも林葉さんは将棋の事ばっかり語ってるし。

 

まだまだやることがあると思います。
将棋の普及に尽力いただきたいと思います。
小説もかけるわけなので、りゅうおうのお仕事という小説を越えるような、小説も書いてほしいし。
なにはのもあれ、余命何年とか聞いて心配していましたが、少しでも良くなってきたのなら嬉しいです。

スポンサーリンク

林葉直子 復活宣言 おわりに

余命1年の宣告から時が経ちました。

また体を治して、

将棋界の普及に一役買って欲しいと思います。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント