木村拓哉 客席潜入、キムタクのサプライズに「涙ぐましい努力?」

芸能
スポンサーリンク

木村拓哉さん主演映画「マスカレードホテル」の舞台挨拶で、

客席に潜入するサプライズがあり、観客を沸かせました。

これに対して「そこまでするの?」と

キムタクの涙ぐましい努力に嘆きの声も。

スポンサーリンク

木村拓哉 客席潜入、バレずに最後まで潜入成功

 

木村拓哉(46)が4日、都内で行われた主演映画「マスカレード・ホテル」(鈴木雅之監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに出席した。

劇中では、ホテルで潜入捜査をする警察官を演じる。この日は、ファンで埋まった客席に潜入。舞台あいさつ前の本編上演から観客に紛れて、客席に座っていた。イベント開始時、司会者の紹介を受けて立ち上がると、場内に「えええ~っ!?」と大きなどよめきがあがった。

木村は「客席に潜入させていただきました。お邪魔しました」とあいさつ。

出典headlines.yahoo.co.jp

木村拓哉さんの茶目っ気ぶりに、大いに会場が沸いたようです。

映画「マスカレードホテル」は1月18日の公開から、

2週連続観客動員1位を取り、累計200万人を動員しています。

スポンサーリンク

木村拓哉 客席潜入、大ゴケできないわけ

映画では前作「検察側の罪人」は30億円の動員がありましたが、

同じくジャニーズの二宮和也さんとの共演だったこともあり、

今回は木村拓哉さんとしては、

一人でもヒット映画になることを証明したいところです。

 

それと言うのも、

2017年の主演映画「無限の住人」で大ゴケしたと言われているからです。

興行収入は10億円届いていません。

それも無理はないことで、

SMAP解散時に公開された映画で、

木村拓哉さんは世間からバッシングを浴びていた時期でした。

 

今はいくぶん、空気も変わり、
今回の「マスカレードホテル」は文字通り、

木村拓哉の主演映画ですからヒットさせないわけにはいきません。

 

観客の評価も上々ですし、

結果も出ています。

 

スポンサーリンク

木村拓哉 客席潜入、番宣でも頑張ったが痛々しい?

木村拓哉さんは「マスカレードホテル」の番宣にも積極的に参加して、

映画を宣伝していました。

 

「ホンマでっか!?TV」「ニンゲン観察モニタリング」「ザ!鉄腕!DASH!!」など、

軒並み視聴率も良かったようです。

 

そして、大ヒット御礼舞台挨拶で、

観客の中に紛れ込むサプライズもして話題を作りました。

 

これを受けて世間の評価は?

 

涙ぐましい努力お疲れ様です。

 

あのキムタクが、そこまでするんだ。ご苦労さん
ハイハイ、キムタク必死ですな。映画の宣伝ですね

 

いい映画ならこんなに躍起になって番宣する必要ないと思います。

 

と昔では考えられない木村拓哉さんのサービスに、少し皮肉交じりです。

 

もうプライド捨てたか笑笑
イメージを捨てた?
逆に本人は楽しそうに
仕事してる気がする
役者中心にやるんだろうが
ふぁんはどう思うか知らんが
結構前より生き生き仕事してる
様に見える。

 

逆に昔のイメージを脱して、

イキイキ仕事をしているってことでは?

と肯定的な意見もありました。

 

いづれにしろ、ファンにとってはうれしいサプライズに間違いありませんので、

肯定的に見るべきでしょうね。

コメント