森口瑤子 水谷豊と相棒で共演!鈴木杏樹の後の女将に!大丈夫?

芸能
スポンサーリンク

森口瑤子が水谷豊の相棒にレギュラー出演し、

鈴木杏樹の後をついで女将役になります。

二人の今までの共演歴は?

スポンサーリンク

森口瑤子 水谷豊

森口瑤子 水谷豊のニュースは、次のように報道されています。

「ネット上では小料理屋『花の里』の三代目女将に鈴木京香さんや吉田羊さんなど様々な名前が上がっていまいしたが、最終回では新しい家庭料理屋『こてまり』の女将として森口さんが登場しました。次シリーズからは『こてまり』が右京たちの箸休めの場となり、森口さんが“新女将”としてレギュラー出演します」(ドラマ関係者)

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

森口瑤子 相棒で女将

初代花の里の女将、高樹沙耶、

二代目の鈴木杏樹は私生活でトラブルがありましたが、

三代目女将役は森口瑤子です。

 

3月18日に放送されたドラマ『相棒season18』の最終回スペシャル。今シリーズも平均14.8%の高視聴率を維持し、相変わらずの人気の高さを示した。最終回で話題になったのが水谷豊(67)演じる杉下右京や、相棒・冠城亘演じる反町隆史(46)が仕事後に羽を伸ばす小料理屋『花の里』の存在だ。

初代女将は高樹沙耶(56)が務め、2代目の鈴木杏樹(50)は前シーズンで降板。今シリーズでは『花の里』が閉店状態のため、ネット上では“右京の推理がさえない”などの声が上がっていた。

「『花の里』は“癒しの場”として物語上、重要な役割を果たしてきました。しかし放送開始から11年間、女将を演じた益戸さんは降板後に大麻推奨を掲げ“大麻女優”と呼ばれ、大麻事件を起こした。鈴木さんも今年に入り不倫騒動を起こすなど、局内では『花の里』の女将役は“呪われている”との声も上がるほどでした」(テレビ関係者)

スポンサーリンク

森口瑤子 水谷豊 地方記者・立花陽介

森口瑤子と水谷豊は火曜サスペンス劇場「地方記者・立花陽介」で夫婦約でした。

そんな中、制作サイドが心機一転で起用したのが森口瑤子(53)だった。森口は水谷主演のスペシャルドラマ『地方記者・立花陽介』で93年から03年までの10年間、水谷の妻役として共演している。

「『相棒』のキャスティングは、最終的に水谷さんの了承を得てから出演者サイドにオファーを出します。水谷さんに森口さんの名前を伝えたところ、快諾したそうです。共演歴も長く、水谷さんにとっても気心が知れた女優さん。女将の肝となる和服姿も抜群に似合いますからね。さらに水谷さんの妻・伊藤蘭さんは、森口さんの夫で脚本家の坂元裕二氏のドラマ『西遊記』(06年)にゲスト出演しています。家族ぐるみで“共演”していますし、お互いの人となりをよくわかっているため、今後についても“私生活での問題はない”と判断したのでしょう」(前出・ドラマ関係者)

今秋からスタートするシーズン19。『こてまり』でのひと時で、右京達がどのように難事件を解決していくのか注目だ。

スポンサーリンク

森口瑤子 水谷豊に世間の反応は?

森口さん、初回ながら「相棒」に雰囲気が合っていて、こんな人いたか!、NICE!、と思いました。水谷さん、反町さんとの年齢バランスもちょうど良い。和服姿も素敵です。
ドラマへの導入の仕方から、ちょっと「右京さんの敵方?」と感じさせる含みもあって面白い。どんどん右京さんの味方になってゆくだろう、変化も期待。
次シーズンの楽しみができました。

 

森口さんてすごく良いお母さん役から狂気的な役までなんでもできる女優さんで好きです。
今回の元芸者のチャキチャキな感じもあってるしいいキャスティングだと思う。

 

凛としてて和服姿も似合い、チョット影がある感じも良い。

 

正直、森口瑤子さんを女将にするキャスティングを想定してなかったが、見事に当て嵌まってる。秋からの新シーズンも楽しみ。

 

これはめっちゃ適役だと思う。

 

正直、森口瑤子さんを女将にするキャスティングを想定してなかったが、見事に当て嵌まってる。秋からの新シーズンも楽しみ。

 

サスペンスで共演してる時から大好きな女優さんでした。夫婦役も大好きでしたし、理想の奥さん像でした。水谷さんと共演するなんて嬉しすぎます。早く次のシーズンが見たい。

 

1代目高樹とは刑事貴族で共演、2代目鈴木とは土曜ワイド劇場法律事務所で共演、そして今回3代目の森口とは火曜サスペンス劇場事件記者立花陽介で夫婦役で共演、相棒テレビ制作サイドは水谷豊さんの、過去の共演歴の女優の中から一緒に仕事をしやすい相手を女将役に選んでいるんだろう。

スポンサーリンク

森口瑤子 水谷豊 おわりに

三代目には期待ですが、

何事もありませんように!

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント