太田光 復帰がヤバい!転倒動画は?復帰はどこで?ボケが楽しみ

芸能
スポンサーリンク

太田光 復帰が話題になっています。

・太田光の転倒動画は?

・太田光の休養理由は?

・太田光の復帰はどこで?

・太田光の第一声はなんて言う?

以上の事を調べてきました。

スポンサーリンク

太田光 復帰

太田光 復帰のニュースは、次のように報道されています。

3月30日生放送のフジテレビ系特番で転倒し、側頭部を強打して休養していたお笑いコンビ、爆笑問題の太田光(53)が、2日放送のTBSラジオ「JUNK 爆笑問題カーボーイ」(火曜深夜1・0)で復帰することが分かった。

太田はフジ系「ENGEI グランドスラム LIVE」に生出演。ハイテンションではしゃぎすぎ、スタジオの床に散乱したケーキの生クリームで足を滑らせて転倒。翌31日放送のTBS系「サンデージャポン」(日曜前9・54)は大事をとって欠席した。

同日、太田の妻で所属事務所の太田光代社長(54)はツイッターで「即病院で検査を受けました。幸いCT検査では骨折などの異常はないとのことですが大事をとって病院で経過観察をしています」と報告していた。

2日放送の「JUNK-」では、相方の田中裕二(54)とともに、転倒時のエピソードや新元号「令和」などを話題に爆笑トークを繰り広げる。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

グランドスラム 太田 転倒動画

爆笑問題の太田光は、

3月30日の特番ではしゃぎすぎて、

ケーキのクリームで滑って転倒しました。

 

そのシーンがこちらです。

 

太田光は側頭部を床に激しく打ち付けるように転倒しました。

スポンサーリンク

太田光 転倒でサンデージャポン休養

 

翌31日日曜日のサンデージャポンや

TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」を

太田光は大事をとって

お休みしています。

 

CT検査などで、

悪いところはないとのことでしたが、

場所が場所なので、

事務所社長で妻の太田光代がストップをかけました。

スポンサーリンク

太田光 復帰はJUNKで

2日間休養していましたが、

太田光はラジオで復活します。

2日深夜放送のTBSラジオ「JUNK 爆笑問題カーボーイ」です。

 

スポンサーリンク

太田光 ボケは?

さて復帰第一声の太田光のボケは何をかますでしょう?

一時記憶障害もあったとのことで、

「あなたは誰ですか?」というボケは十分ありそうですね!

 

元号に絡めて「いまは、令和何年ですか?」とか笑

スポンサーリンク

太田光 復帰 世間の声は?

復帰されるそうで良かったです。
太田さんのはしゃぎ方は、そんなに面白くなくて空回りしていますから、今後はほどほどにお願いします。

 

 

太田は頭を打って静かになれば良いが、無理でしょうね。

 

 

あの転倒は引いたよ
こめかみから落ちたのにはゾッとした
ボクシングなら完全ノックアウトじゃない?
その後 全く喋れなかった 何とか誤魔化そうという動きはしてたけど 覚えてないんじゃない?
まだ安心しない方が良いと思う
でも快復はしてるんですね
ほどほどに

 

 

頭部の怪我は、数週間後に異変が起こるケースもあるから
もう少し様子を見といた方が良いかもね。

 

滑って転ぶ人って、けっこう多いんですよね。雪が降って固まったときとか、雨の日の滑りやすい歩道とか、ビルの床、家の中でも、濡れた床とか風呂場で転ぶ人はいます。
バイクや自転車だと、ヘルメットをしていても、かなり危険です。
普通の運動神経があれば、頭部を守るように転びますが、段差があるとか、ものがあるとかで、避けられない場合もあります。
私は、今までに転倒で頭部を打って2回病院に行ったことがありますが、検査の結果は異常がないから、しばらく様子を見て、吐き気など、異常があったらすぐに来てくださいと言われました。
頭部は、後遺症も怖いです。

 

無事に復帰されるとのこと。奥様も一安心ですね。
でも、仕事のほうは何もすぐしなくてもいいんじゃないかな?
しばらく休養した方がいいですよ。もう十分に頑張ってきたのですからちょうど潮時です。テレビでのジョークはちっとも笑いを誘う喋りではないし、見ていて時々不愉快でもあり、時に痛々しいとも感じています。この際ゆっくりと休養していただきたい。

 

スポンサーリンク

太田光 復帰 まとめ

太田光の復帰、まずはおめでとうございます。

 

打ち所が悪いと、

翌日ポックリ、

なんてことがあるケースも多数報告されています。

 

これからはあまり無茶しないで頂きたいと思います。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント