坂道グループ アイドル界席巻がヤバい!グループの特徴、もう人気が落ちる?

芸能
スポンサーリンク

坂道グループ アイドル界席巻が話題になっています。

・坂道グループがアイドル界席巻している理由は?

・乃木坂46の特徴は?

・欅坂46の特徴は?

・日向坂46の特徴は?

・坂道シリーズの人気が落ちる心配とは?

以上の事を調べてきました。

スポンサーリンク

坂道グループ アイドル界席巻

坂道グループ アイドル界席巻のニュースは、次のように報道されています。

 秋元康プロデュースのアイドルグループ、日向坂46のデビュー曲「キュン」が、オリコンチャート初週売上げ47.6万枚を記録した。女性アーティストのファーストシングルとして歴代最高売り上げで、これまでの記録保持者だった、欅坂46のデビュー曲「サイレントマジョリティー」の売上26.6万枚の記録を大幅に塗り替えるロケットスタートだ。
(略)

「いわゆる美人系を集めて、清楚なお嬢様路線の乃木坂46、一方パフォーマンスでは笑うことも少なくクール路線を貫く欅坂46。それに対して日向坂のコンセプトは『ハッピーオーラ』、見てる人が明るく幸せな気持ちになってくるような感じです」

(略)

 それぞれタイプの違う3つのグループが揃ったことで、前出の宗像さんは、これからのアイドル界の人気はこの坂道3グループが独占していく可能性もあると分析する。

 

「清楚で切なげ、クールでシリアス、明るく元気。アイドルのメインストリームの大きな3つの要素がそれぞれ坂道で埋まっちゃうことになるんです。日向坂のデビュー曲の売り上げで、それが確実なものになると証明された気がします。そうなると、違う魅力を探していかなければならなくなる他のアイドルグループは大変になってきますね」

 

 乃木坂、欅坂、日向坂。3つの坂道を駆けるメンバーたちは、相乗効果を起こしながら、ますます加速していく。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

坂道グループ アイドル界席巻 乃木坂46とは?

ソニーは元々AKB48のデビュー時のレコード会社でした。

ところがデビューしても鳴かず飛ばずだったため、

ソニーは見限って、AKB48はよそのレコード会社に移ります。

その直後に「会いたかった」が大ヒット。

 

そこでソニーは秋元康に泣きついて、

AKBグループとは別のアイドルグループを作りました。

 

それが乃木坂46です。

 

元々コンセプトを決めずにオーディションで女の子を集めたところ、

内気で控えめな子が多く集まったため、

だんだんと乃木坂46=清楚、お嬢様のイメージが強まりました。

内気、清楚、はかなげ、

乃木坂46のイメージを強く印象付けたメンバーの一人が西野七瀬です。

 

センターを一番多くやっていることでもわかります。

「気づいたら片想い」は乃木坂46っぽい楽曲と言えましょう。

スポンサーリンク

坂道グループ アイドル界席巻 欅坂46とは?

2015年西武ドームで開催された「乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE」のサプライズ発表にて、「乃木坂46 新プロジェクトメンバー1期生募集決定」と告知されましたが、

これが欅坂46の募集でした。

 

当初は「鳥居坂46」というグループでしたが、

結成時に改名し欅坂46になりました。

 

欅坂46もグループコンセプト無くオーディションを終えましたが、

完成したデビューシングル「サイレントマジョリティー」が、

早くもグループコンセプトを決めてしまったと言えましょう。

クールでシリアスな楽曲がデビュー曲にもかかわらず、

大ヒットしてしまい、

グループイメージも「クールでシリアス」、

笑わないアイドル路線になりました。

 

そしてその象徴が平手友梨奈で、

2019年現在、3年間、8枚のシングルでセンターに座っています。

 

ほんとんど乃木坂46に憧れて集まったメンバーですが、

幸か不幸か「クールでシリアス」なコンセプトは変えようがないと思います。

スポンサーリンク

坂道グループ アイドル界席巻 日向坂46とは?

欅坂46は乃木坂46と違い、

全員が選抜メンバーです。

 

その後色々とあって、

欅坂46のアンダーにあたる「けやき坂46(ひらがなけやき)」を2016年に募集します。

 

けやき坂46のメンバーは、

欅坂46の正規メンバーとなることなく、

別グループ扱いだけれども、

CDではカップリングにされていました。

 

ところが2019年に「日向坂46(ひなたざか46)」と改名して、

欅坂46とは別グループの新しい3つめの坂道シリーズになり

2019年3月27日にデビューシングルを出しました。

そのデビュー曲「キュン」の初週売上げ47.6万枚で、

堂々と坂道シリーズと名乗れる売上になりました。

ひらがなけやきは、

欅坂46のアンチテーゼ的に、

明るくて可愛らしい正統派イメージだったため、

日向坂46はそのまま明るく元気な楽曲が与えられました。

スポンサーリンク

坂道グループ アイドル界席巻 3グループで全て揃った

清楚せつなげな乃木坂46、

クールでシリアスな欅坂46、

明るく元気な日向坂46

と坂道シリーズだけでアイドルのコンセプトが埋まってしまいます。

 

アイドルは坂道独占?

スポンサーリンク

坂道グループ アイドル界席巻の盲点

ただし坂道シリーズにも盲点があります。

 

最近、乃木坂46は一期生の卒業ラッシュのため、

強引に3期生への世代交代を行っています。

 

メンバーが変わればグループの雰囲気も変わります。

 

モーニング娘。がメンバーの卒後とメンバーの補充を繰り返していくことで、

世間から話題にされなくなったように、

メンバーの入れ替えとはそれだけ人気ダウンの元です。

 

AKB48も人気が出たころに主力だったメンバーが卒業したことで、

人気が陰りました。

 

現在は坂道シリーズはアイドル界を席巻していますが、

1年後も同じかどうかはわかりませんね。

 

ところで「吉本坂46」もいちおう坂道シリーズなのでは?笑

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント