渋沢栄一給食がヤバい!どんな給食?献立は?画像は?

社会
スポンサーリンク

埼玉の深谷市では、渋沢栄一給食の日があるようです。

どんな給食か画像を見てみましょう。

スポンサーリンク

渋沢栄一給食

渋沢栄一給食のニュースは、次のように報道されています。

渋沢栄一記念館に隣接する深谷市の小学校では、渋沢が好んだ料理を給食で味わいました。深谷市では、渋沢の命日の11日、「渋沢栄一給食」と題し、市内すべての小・中学校で渋沢にちなんだ献立の給食を提供しました。

「渋沢栄一給食」は、給食を通して渋沢が大切にした「まごころと思いやり」の精神を学んでもらおうとことし初めて行われました。まずは、渋沢が好んで食べた郷土料理「煮ぼうとう」です。「ひもかわ」と呼ばれる幅広の麺を深谷ねぎなど地元産の野菜と一緒に煮込みました。渋沢が深谷市に帰るたびに地元の人たちと一緒に食べていたといわれています。渋沢が徳川慶喜の弟と視察に訪れたフランスの料理、キッシュを給食風にアレンジした「ステンドグラスキッシュ風」は、渋沢の好物だったといわれるジャガイモや市の特産品のほうれん草を使用しています。また、トマトを加え、渋沢の住まいだった「青淵文庫」のステンドグラスを表現しました。子どもたちは、郷土の偉人にちなんだ料理をおいしそうに頬張っていました。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

渋沢栄一給食 画像

それではさっそく、

埼玉県深谷市の小学校で代々食べられるという、

渋沢栄一給食、

今年の給食を見てみましょう。

献立は、

ミルメークコーヒー牛乳
黒パン

ステンドグラスキッシュ
ふっかちゃんのごまごまサラダ
にぼうとう

 

栄一翁がこよなく愛した
深谷市の郷土料理でもある
「にぼうとう」。

栄一翁が若き日にフランスに渡ったことと、
青淵文庫(せいえんぶんこ)のステンドグラスを
イメージしてつくった
「ステンドグラスキッシュ」です。

青淵文庫は渋沢栄一の屋敷の書庫で、

来賓のもてなしにも利用された部屋です。

スポンサーリンク

渋沢栄一給食 深谷市では当たり前?

地元の人のツイートには、

渋沢栄一の命日に「にぼうとう」を食べるのが当たり前だと言うことがわかります。

スポンサーリンク

渋沢栄一給食 おわりに

深谷市の渋沢栄一推しが凄いですね。

2021年には大河ドラマにもなるし、

1万円札にもなります。

渋沢栄一給食は、

どうやら未来永劫続きそうですね。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント