たけの子パン 消費期限1日がヤバい!理由は?画像は?中に何が入ってるの?

社会
スポンサーリンク

地方のパン屋さんが作っている「たけの子パン」、

幻のパンと言われ、

消費期限が1日です!

どんなパンか情報を集めました。

スポンサーリンク

たけの子パン 消費期限1日

    出典headlines.yahoo.co.jp

たけの子パン 消費期限1日のニュースは、次のように報道されています。

 流通しているその地域でしか手に入れることができない「ご当地パン」。ご当地パンだけが特集されている本や雑誌も発売されており、今人気を呼んでいます。

愛知県豊川市で限定販売されているご当地パン「たけのこパン」は、地元で「幻のパン」とまで呼ばれています。いったいなぜ幻なのか、メーカーを取材しました。

「たけのこパン」を製造する、愛知県豊川市の「ヤマトパン(株)」。

工場で商品をみせてもらうと、クロワッサンのような生地の中にクリームが入っていて…見た目は割とよく見かけるような普通のパン。

このクリームの中にたけのこが入っているのか、生地の中に練り込まれているのか、そして幻といわれる理由は何なのか…。

社長の久世太司さんに聞くと、名前の由来は「見た目」が、皮が重なることで「たけのこに似ているから」で、中にたけのこが入っているわけではありませんでした。

そして、「幻」のゆえんは…。

ヤマトパン(株) 代表取締役社長 久世太司さん(4代目):
「売られていない期間があるので期間限定になってしまうのと、製造する数が限られていてすぐに売り切れになってしまうため、幻のパンといわれています」

たけのこパンは、豊川市と豊橋市の一部のスーパーと、JR豊橋駅のキヨスクでしか買うことができず、名古屋にも進出していません。

また、昭和33年から販売されていますが、気温が高くなると、中に入っているクリームがすぐにたるんでしまうという理由で、毎年10月~4月の約7か月の間のみ製造・販売されています。

平日は約800個、多くても1500個までしか作れないため、「幻のパン」と呼ばれるようになりました。

ヤマトパン(株) 代表取締役社長 久世太司さん(4代目):
「(たけのこパンは)昭和33年頃から販売しています。昔は3日の消費期限でしたが、地球温暖化で気温が上昇したことにより、消費期限は1日になりました」

出典headlines.yahoo.co.jp

たけのこパンは、

たけのこが入っているのではなく、

形がたけのこっぽいから名付けられました。

 

たけのこっぽい形のパンの中にはクリームが入っていて、

そのクリームの賞味期限があるので、

賞味期限が1日なのです。

スポンサーリンク

ヤマトパン・たけの子パンの画像は?どこで売ってるの?

ツイッターでたけのこパンの情報を集めました。

どこで売っているかもわかりますね。

 

スポンサーリンク

たけの子パン 消費期限1日に世間の反応は?

こういうのは思い出込みの価格と味評価。
期間限定でもまた誰かの思い出になるので続けてほしいなぁ。

 

無添加の食品ということであろうが、販売するほうにとってはかなりリスクのある商品ではないでしょうか?

 

別にここのパンに限らず個々の地方には一日消費期限の幻のパンって無数にあると思うけど・・・全然謎すぎないです。

 

売れるからと増産しな社長は職人だと思う。
失敗する多くは欲張るからだ。
今のまま頑張って欲しい。

 

保存料が入ってないってことだけでしょ。それは評価できる。ただ、そもそもまずい総菜パンってなかなかないよね。食べるとまぁ上手い程度で普通なんだろうけど。ネーミングとか、伝統とかで評価されてるのだろうね。

 

たけのこパンと言っても筍は入っていないけど、それでも賞味期限は短いし今の暑い時期は販売していないか。

スポンサーリンク

たけの子パン 消費期限1日 おわりに

美味しそうですね。

一度食べてみたいけど、

売ってない日もあるみたいですね!

要注意ですね。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント