遊園地 逆年齢制限がヤバい!理由は?クレーマー?訴訟対策?

社会
スポンサーリンク

遊園地の逆年齢制限が話題になっています。

アトラクションに高齢者が乗れない制限が付いている理由は?

スポンサーリンク

遊園地 逆年齢制限 アトラクション

引用http://aivetfuji.blog52.fc2.com/blog-entry-389.html

遊園地 逆年齢制限のニュースは、次のように報道されています。

 飲酒や車の免許取得など、若い頃はできることが増えていく“嬉しい関門”だった「年齢制限」。それが逆に歳を重ねたことが理由で「できなくなること」が出てきてしまう。

孫と一緒に過ごすレジャー施設でも「年齢制限」は待ち受けている。孫の場合は身長制限はあるが、祖父母になると年齢制限があるのだ。

「富士急ハイランド」では、ジェットコースターとして「高さ」「巻き上げ高さ」「落差」「最高速度」の4項目で世界一の記録を持ったことのある「FUJIYAMA」や、「加速度」で世界ナンバーワンの称号を持つ「ド・ドドンパ」など数々の絶叫マシーンがあるが、それらはほぼすべて「64歳まで」という年齢制限が設けられている。

8月に孫の夏休みで一緒に遊園地に行ったという埼玉県在住の65歳男性は嘆く。

「体の丈夫さが自慢で、これまで孫と山登りや川遊びなど様々なところに出かけてきました。だからジェットコースターも一緒に楽しめると思ったのですが、まさか年齢で区切られるとは……。孫と一緒に並ぶこともできないので、1時間ほどベンチに座って待つ羽目になった」

「浅草花やしき」でも、1953年に作られた日本最古の「ローラーコースター」を含め、スリル系の4つのアトラクションは、65歳以上は乗ることができない規定になっている。

人生100年時代と言われるが、「シニアの年齢制限」がそんな時代の“生きにくさ”の原因になってはいけない。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

富士急ハイランド 逆年齢制限

富士急ハイランドのサイトを見ると、

逆年齢制限が64歳までと付けられているものが多くあります。

個人の健康状態や体力は人それぞれですが、

このような逆年齢制限が付いていることを初めて知りました。

 

逆年齢制限は各遊園地で違いますし、

また富士急ハイランドも昔は「フジヤマ」が54歳までだったことを考えると、

高齢化で緩和されていく可能性もあります。

スポンサーリンク

遊園地 逆年齢制限の理由は?

日本の遊園地などのアトラクション設置は、

大変厳しい規制があります。

これは国土交通省の認可が必要だからで、

簡単には認可が降りないため、

年齢や身長の制限が求められるからです。

 

そのため逆年齢制限が付いているの可能性があります。

スポンサーリンク

遊園地 逆年齢制限に世間の反応は?

万が一の事があった場合、例えそれが客側に原因があっても、施設側の責任が追求されます。施設側が可能な限り安全性を求め基準を設定するのは当たり前の事です。
偉そうにもっともらしい理由を付け、上から目線で意見だけ提示し、なんの責任も取らないマスコミに嫌悪感すら感じます。

 

自分は大丈夫と思っていても、絶叫系は体に負担がかかりそうですね。
首を痛めたとか、隠れた病気が刺激で現れ、命を落とすはめになるのも、十分想定内と思います。
それなら、まぁ、我慢して大人しくしてた方がいいかもですね。
お孫さんとは、違う楽しみを見つけたらいいですもんね。

 

血圧の上昇とか、リスクはありますからね。頑張って健康維持しても逆らえないこともあります。諦めましょうよ。

 

年齢制限はあった方がいい
本人は大丈夫だと思っていても、案外大丈夫では無いときがある
車の運転がまさしく現れてる
条件反射、身体能力など
これからの日本はいままでに経験したことのないことが多くなっていく
年齢が重ねれば重ねるほど大丈夫が多くなり、周りに迷惑がかかる
年齢制限はあった方がいい

 

優しいですね。自分の身体を他人が気遣ってくれるんですから。若いつもりでも、身体は生きた分だけ消耗しています。年齢相応の行動で人様に迷惑をかけないよう心がけるだけも違いますね。

 

出産と同じで、見た目や精神の若々しさと体の衰えは比例しないので
万が一のことを考え、施設の判断で年齢制限を設けるのはまったく問題ないと思います。
その分シニア料金なども適応されているところも多いですし(記事の富士急や花やしきはシニア料金があります)
絶叫系に乗らない、違った楽しみ方を工夫されるのもよいかと思います。

 

65超えたら自分は丈夫とか運転がうまいと思うのは控えめにした方がいいと思います
確実に体力や運動神経は落ちてきてるので、自覚がないことも鈍ってきてる証拠だと思います
弱いと思えとまでは言いませんが、控えめに考えた方が自分のため、周囲のためだと思います

 

訴訟避けでしょ。
アトラクション利用により、若ければ生じなかったであろう不都合は客の責任って一筆とったとしても訴えられたら運営が負けるからさ。
それなら、シニア割引くらいはあるべきだとは思うけど。障害者割引も一部を利用できないからあるんだろうし。

スポンサーリンク

遊園地 逆年齢制限 おわりに

アメリカは訴訟社会ですが、

アトラクションの逆年齢制限はあまり無いようです。

そう考えると訴訟対策ではなく、

国の規制の問題ではないでしょうか?

高齢化社会ですから、

様子を見ながら制限を上げていっても良いのではないでしょうか?

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント