小川彩佳 メッセージがヤバい!子育てとNEWS23は、両立する?

芸能
スポンサーリンク

NEWS23の小川彩佳アナが、妊娠をしたことで今後のプランを語りました。

NEWS23はどうなる?

スポンサーリンク

小川彩佳 メッセージ

小川彩佳 メッセージのニュースは、次のように報道されています。

『NEWS23』メインキャスターの小川彩佳さんは2月に、2020年夏に出産予定であることを発表しました。

実は、20代の頃から、キャリアを築きながら子育てをすることについて悩み続けていたといいます。そして、『NEWS23』からオファーがあった時に頭をよぎったのも「出産」のことだったと…。

その小川さんは今、夜のニュース番組のキャスターを務めながら子育てをするという「挑戦」に踏み出そうとしています。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

小川彩佳 NEWS23 子育てと両立?

小川彩佳アナは現在NEWS23のキャスターをしていますが、

子育てと両立すると言っています。

「子どもを授かれたら」というのはずっと願っていたことで、昔からの夢の1つでした。でも一般的に、「仕事を一生懸命やりたい」という時期と、妊娠、出産はタイミング的に重なりがちです。大学を卒業して入社した時から、「本当に難しいことだな」と、上の世代の苦労や苦悩を見ながら感じていました。

 

『NEWS23』のプロデューサーが、「小川さんがもし子を授かって、番組に帰ってきてくれるとしたら、それは新しい視野や視点を身につけて、より強くなって帰ってきてくれるということ。それは番組にとってプラスのことだと思う」と言ってくださった。

その言葉が私にとってとても大きくて。「こういう上司のいる職場だったら頑張れるかもしれないな」と思ったのが、番組のオファーをお受けする最後のプッシュになりました。

NEWS23出演の背中を押したのが、

子育てとの両立だったのですね。

スポンサーリンク

小川彩佳 NEWS23 子育てと両立する理由は?

小川彩佳アナが仕事と子育てを両立させる理由は次のような点もあります。

これまでは、女性がどこか二者択一を迫られていたものが、現在は「仕事と両立させていこうよ」という空気になっている。でも、やっぱり社会の意識や環境の中では、まだ変わってない部分もあると思います。

今回、妊娠を発表させていただいたところ、インターネット上で様々な反応に触れました。女性が責任のある立場にありながら、出産のために仕事を休むことについて否定的な意見も見かけました。想定はしていたことでしたが、仕事をしながら子どもを育てることに、覚悟を持って向き合っているのでモヤモヤしましたし、そういう「意識の壁」みたいなものがまだ存在するのは確かだと実感しました。

 

「女性活躍」と言われながら、一方で、「女性なんだから」「女性なのに」などと言われることもある狭間で、まだまだ悩むこともある時代です。

私は子どもを産もうという選択を今していますが、結婚する人もしない人も、仕事と子育ての両立をする人も、専業主婦になる人も、子どもを産まずに生きていく人も、それぞれの道の形に窮屈さを覚えることなく、胸を張って堂々と生きられるような世の中になってほしい。それを一緒に作っていけたらと強く思っています。

スポンサーリンク

小川彩佳アナ 妊娠でお腹目立つ?

小川彩佳アナは現在妊娠3~4ヶ月と見られます。

お腹はまだ目立った感じはしませんが、

服装がゆったりしていますね。

 最近ではおなかを気遣うように、TBS局内をヒールではなく歩きやすい靴で歩く姿が目撃されている。

また、番組関係者は「ゆったりとした服装になり、カフェインを摂取しないように大好きなコーヒーを飲まなくなっています」と明かした。

小川アナは昨年2月にテレビ朝日の退社と結婚することを発表。退社からわずか2カ月後の同6月にNEWS23のメインキャスターに就任した。在京キー局からの電撃移籍で話題になっていた。

スポンサーリンク

小川彩佳アナ 旦那は医師?起業家?

小川彩佳アナは2019年2月に結婚しました。

当初は一般人という事しかわかりませんでしたが、

後の報道で、

医師の豊田剛一郎氏だとわかりました。

 

そのお相手は、医療系IT企業で「代表取締役医師」の肩書きを持つ豊田剛一郎氏(35)だ。東大医学部を卒業し、脳外科医として都内の病院で勤務した後、アメリカに留学して米国医師免許を取得。帰国後、大手コンサルティング会社マッキンゼーに転職し、2015年に現職に就いた。

『Forbes JAPAN』(2018年12月号)のインタビューでは、〈医師として働くうちに、非効率的で疲弊している医療現場の現状を知り、強い危機感を覚えた。持続可能な仕組みに変わらないと、日本の医療は崩壊してしまう〉と語っており、それがきっかけで現職に就いたという。

豊田氏が経営する会社では、医師のセカンドオピニオンや医療相談をオンラインで受けられるアプリサービスなどを展開し、注目を集めている。

引用https://www.news-postseven.com/archives/20190726_1420419.html/2

豊田剛一郎氏の父親は元大蔵官僚で政治家、豊田潤多郎氏。

医療法人の理事長も務めています。

小川アナの父親も都内の大学医学部教授です。

スポンサーリンク

小川彩佳 メッセージに世間の反応は?

そんなに気負わなくてもいいんじゃないかな。
両立はほぼムリに近い、と子供2人やっと中学になって思う。
子供から見たら仕事で忙しい親だと冗談含めた会話さえ、なかなかタイミングが難しい。
何度か娘のガッカリした顔見た時、今仕事じゃなくていいなと感じた。
そして改めて仕事は補助にしようと思うことによって、ようやく子供達に向き合えたから。これから先、子供に合わせて臨機応変に行動出来たらいいと思う。
宣言しちゃうとどうしても子供より宣言を守ろうとしちゃうから、妊娠してまだ子供も生まれてなくて性格もわからないうちの夢は、心にとどめておく程度でいいと思う。10年後とかやっと子育て落ち着いてきたなーくらいに経験談として語って欲しい。

 

キャリア派の思考だね。
子どもが一人格である事が判ってない。
産む前に、両立するんだ!とか自分1人で決められる事ではない。
子どもの性格や様子に合わせて、臨機応変に自分のスタイルを変えなきゃいけない事もある。
障害を持って生まれてくることもある。
我が子の全てを受け入れて、柔軟な生き方をする覚悟がないと
子育てが辛くなると思う。

 

制作する側の意図と出演者側の意図、視聴者の意図は
必ずしもイコールではないからね

 

仕事でキャリアを重ねていく時期の、妊娠・出産は大変だと思います。
だけど、そこがゴールではなく、それから始まる育児との両立はもっと大変だと感じます。
職場の理解、家族の理解、サポート体制などなど、言い出せばキリがない。
ワークライフバランスがしっかりとれる職場なんて、そうそうないと痛感します。
家族のサポート体制などで、それぞれ環境は違うとは思いますが…
とにかく、目の前の妊娠・出産が安全で無事に終わりますように。

 

風穴をあける。とはカッコ良いですね。
ニュース番組は別にアナウンサーは誰でも良い。
正確に解りやすく伝えるか否かが視聴率につながるだけ。どんなアナウンサーが司会をしているかなんて気にしていない。

 

小川さんに限らず女性が出産してもらわないと少子化は解決しないのでこれからも女性が気を遣わずに仕事が継続できる社会になって欲しい。これまでの社会通念からするとまだまだ簡単ではない事情が有ると思うけど、時代も令和に成ったので昭和時代の風習は良くない点は徐々に解決、改善、改めていく必要性を感じます。

スポンサーリンク

小川彩佳 メッセージ おわりに

今後小川彩佳アナが番組に残るかどうかは、

子育てもさることながら、

NEWS23の視聴率が一番重要な点かと思われます。

なにか新しい情報が入り次第、お知らせします。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント