林葉直子 現在がヤバい!余命宣告1年から5年、激動の人生とは?

社会
スポンサーリンク

林葉直子の現在が話題になっています。

余命宣告1年から5年経ち、

現在の林葉直子はどうなっている?

スポンサーリンク

林葉直子 現在

林葉直子 現在のニュースは、次のように報道されています。

 彼女は輝いていた。将棋界に颯爽と現れた天才少女。大人の好奇な視線を浴びながらも、けらけらと笑い、男たちをなぎ倒していった。ドラマやCMに出演し、小説を執筆すればベストセラーを連発した。

 彼女は堕ちた。永世名人との不倫を告白し、将棋界と決別。孤独を埋めるかのように酒をあおった。肝硬変を患い、郷里福岡に戻った。5年前、余命1年を宣告された。

 彼女は現在も生きている。

 林葉直子、51才。今何を想うのか。元「将棋世界」編集長で、12才の頃から林葉を見てきた作家・大崎善生氏が彼女のもとを訪ねた──

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

林葉直子 少女時代

‘æ‚XŠú——¬–¼lˆÊ‚ɏA”C‚Ì•½”ö’†Šw‚R”N‚Ì—Ñ—t’¼Žq‚³‚ñBŽjãÅ”N­‚Ì–¼l‚ɂȂ艤«ˆÊ‚Æ‚QŠ¥‚𐧂·‚éi•Ÿ‰ªŽs’†‰›‹æ‚ÌŽ©‘îj

 中学1年で米長家(米長邦雄永世棋聖)の内弟子となり東京へ出た林葉は、貯金通帳や印鑑をすべて父親に預けた。そこには後にいくつもタイトルを獲り、また20冊以上ものベストセラー小説を書いた、賞金や印税が振り込まれていた。それらをすべて勝手に使われてしまったという。目的は女遊び。

福岡の将棋大会で男子(森下卓九段)を破り優勝し、東京へ出た林葉は奨励会(※)試験に合格し6級で棋士生活をスタートさせていた。女流棋界には進まずに奨励会員として棋士を目指すというのが、米長の弟子となる条件だった。

ある日、千駄ヶ谷の将棋会館で小さな事件が起こった。

林葉は奨励会員、私はあの袋小路のような将棋道場から奇跡のように抜け出し、将棋連盟の職員として働き始めたところだった。将棋会館の廊下で騒ぎ声が聞こえる。

 

 

林葉直子は将棋会館で、

実の父親に殴られていました。

この父親は警察官でしたが暴力がひどく、

また林葉直子の稼いだ金を使い込むような親でした。

スポンサーリンク

林葉直子 中原誠  不倫

世間の目は一人の美少女棋士に集まり、未来は明るく輝いていた。その後林葉は女流王将を10連覇という偉業を成し遂げる。まさに向かうところ敵なしだった。

しかしその後、

なかば強引にイギリスへと一人旅立っていった。

世間では“林葉直子、失踪”と大騒ぎになりました。

しかし、数年後、将棋界をひっくり返すような大事件が起こる。中原誠永世十段との不倫を週刊誌に告白した。しかも留守番電話に録音されたテープを流すなど強烈な内容だった

林葉は中原の子を妊娠したと思い込み海外に飛び出したのだが、

それは間違いだったとわかり、

そのまま長い旅行をしていました。

スポンサーリンク

林葉直子 肝硬変で余命1年

林葉直子は5年前に、

肝硬変で余命1年を宣告されていました。

肝移植しか完治の見込みがないと言われたのだが、今はなんと、もっともよい数値に戻っているという。福岡に戻ってからの完全禁酒と、治療薬療法が功を奏したという。

 

しかし肝臓病の副作用は全身に及んでいる。3年前にはマンホールのわずかな段差に足をとられて転倒。大腿骨骨折の重傷。それももとは肝硬変による骨粗しょう症が原因でした。

 

林葉は今、完全禁酒と減塩と野菜中心の生活、そして8種類の薬を飲んでいます。

スポンサーリンク

林葉直子 現在に世間の反応は?

アイドル並みの人気だったのに、転落人生とはまさにこのこと。
結婚願望も強かったのに未だに独身。
不倫騒動が全ての発端のような気もする。

 

もっと幸せ?な選択もあったろうに?現在彼女の傍に信頼できる友人がおられる事を祈ります。

 

「小説を執筆すればベストセラー…」とあり、段落が変われば「1980年、私は23才の学生だった。親の反対を押し切り札幌から東京へ出て、小説家を夢見て即座に挫折した。」とあって林葉さんの小説を引用しているのかと思うと作者自身の話で、林葉さんの子供時代の話にとんだり分かりにくい。

 

ご本人の名誉の為にも一言だけ…棋士としては一流でした。
当時奨励会を目指していて、道場で負け知らずの天狗の私をコテンパンに叩きのめし現実を見せてくれました…
「女流棋士」を開拓した先駆者、長生きしてください

 

棋士として地道に才能をいかしていれば、また違った
人生があったと思う。
タレントにされてしまって、おかしな方向へ。
先だっての、予備校講師の人も。
メディアに左右されて、本業を見失しなってしまったのか、それとも、棋士だけでは職業と言えなかったのか—。

 

少女の頃は聡明で綺麗なひとだった。
周りの大人が変なのばっかりだったからな。
おかしな方向に行ってしまって残念だった。
余命宣告されて、こんな若いのにと思ってたら、少し元気になったようなので良かった。

 

ジェットコースターのような人生ですね。
彼女は何故こうなっちゃったのかな。
御本人の性格もあるでしょうが、人との出会いってホント大切ですね。

 

「不倫」とあるけど、当時の権力者中原が手籠めにしたような形だったはず。
十代の少女に究極のセクハラ・パワハラ。
今とは時代が違うから、誰も守ってくれなかった。
そういう話だと思っていましたが。
著者の大崎さんは将棋連盟と関係があるから、そうは書けないんでしょう。

 

ドバイで目撃された時に水筒をぶら下げていたとか、あの頃から不安定な感じだった。
いろいろと付け込まれてボロボロになっていったイメージ。
だけど一時生命の危機みたいだったのに持ち直したようでよかった。
穏やかな日々を送ってください。

スポンサーリンク

林葉直子 現在 おわりに

将棋界に彗星のごとく現れたと思ったら、

たちまち世間の人気ものになり、

小説(ラノベ)はベストセラーでしたね。

その後はワイドショーの格好餌食となり、

手のひら返しで失踪と面白おかしく書き立たれ、

不倫の暴露。

そして、余命1年の肝硬変。

林葉直子の浮き沈みの激しいの人生は、

傍から見ていても危なっかしいものでした。

しかし余命宣告1年から5年が経ち、

ほっとしました。

これから心安らかに過ごして欲しいと思います。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント