堀江貴文「本音で生きる」 リミッターを外す教科書だった

ビジネス書
スポンサーリンク

自分にはお金がないからできない、

自分には時間がないからできない、

職を失うわけにはいかないからできない、

そんな理由でできないのは、全部論破してやる!

今すぐ行動しろ!

 

という本がホリエモンこと堀江貴文さんの「本音で生きる」です。

 

思い当たる節がある人は、ぜひ読んでみたらどうでしょうか?

 

スポンサーリンク

堀江貴文「本音で生きる」 データ

   引用 HORIEMON.COMより

著者 堀江貴文

書名 本音で生きる

出版社 SB新書

出版日 2015年12月15日

価格 800円+税

 

スポンサーリンク

堀江貴文「本音で生きる」 言い訳をやめる

   引用 HORIEMON.COMより

堀江貴文さんは本音で生きろ、と言います。

空気を読んだり、意見が違っても協調してしまったりするのは、馴れ合いであり、目的の達成の妨げになるからです。

 

本音で生きるためには、言い訳をしないことが大事です。

 

言い訳とは、

・お金がないから

・時間が無いから

・才能がないから

・やり方がわからないから

です。

その一つ一つを堀江貴文さんは論破します。

スポンサーリンク

堀江貴文「本音で生きる」 お金に価値があるわけじゃない

お金とは価値を交換するためのツールであり、お金に価値があるわけではない、と堀江貴文さんは言います。

 

つまり、信用を見える化したものがお金なのだから、信用があればお金を借りることができます。

 

やる気さえあれば、信用からお金を生み出せるので、お金がない言い訳はできないのです。

 

たとえば、西野亮廣さんの記事でも、信用をお金に換える方法を書きましたね。

 

スポンサーリンク

堀江貴文「本音で生きる」 時間がないという人、現状維持したいだけ

時間が無いから、行動できないという言い訳を言う人は多いと思います。

 

それを始めると、今やっている〇〇ができなくなる、

と言うのはそもそも、新しいことをやる場合は、何かを捨てなきゃできないのだからおかしい話です。

 

今の環境(会社)に長時間取られていて、始められないという話も、そんな環境を変えずに甘んじているのがおかしいです。

 

スポンサーリンク

堀江貴文「本音で生きる」 才能が無いは、現状維持が心地いい

自分には才能がないから、と言い訳する人は努力をして、試してみたことが無いから出てくる言葉です。

 

イチローをはじめ、スポーツ選手はコツコツと子供の頃から練習をして上手くなっています。

 

才能があるかないかは、やってみたあとでわかるものです。

 

スポンサーリンク

堀江貴文「本音で生きる」 やり方わからないは、やったことないだけ

「やり方がわからないからできません」は、調べてから言うべきことです。

 

いまは、ネットを検索すれば、なんでもやり方がわかります。

 

寿司の握り方も勉強できます。

 

すべては、トライ&エラーの繰り返しで身に着けるべきものです。

 

スポンサーリンク

堀江貴文「本音で生きる」 できない理由を考えない

    引用 HORIEMON.COMより

言い訳を考え始めたら、いくらでも出てくるでしょう?

 

では、その言い訳、できない理由を考える時間は無駄ではないですか?

 

実際はやってみないと自信はつかないものです。

 

経験不足が不安を生み、あれこれ言い訳を考え始めるのです。

 

小さな成功体験を積むことで自信は付きます。

 

できない理由を考えることで、何かいいことはありますか?

 

スポンサーリンク

堀江貴文「本音で生きる」 プライドを捨てる

プライドが邪魔をして、行動に移せない場合があります。

 

世間体が悪い、周りの目が気になる。

 

でも、周りはそれほど自分のことを気にしていないものです。

 

存在しない世間を気にして、考え過ぎて行動ができない方がおろかと言えます。

 

スポンサーリンク

堀江貴文「本音で生きる」を読んで学べたこと

いかに自分が言い訳を作ってきたのかがわかりました。

 

〇〇だから、自分にはできない、

〇〇さんだから、できただけだよ

 

と言い訳をするのは簡単ですが、

それは自分を慰めているだけですね。

 

スポンサーリンク

堀江貴文「本音で生きる」をどう役立てたらいいか?

自分のやりたいことが見つかったとき、壁にぶつかることがあると思います。

 

資金だったり、スキルだったり、人脈だったり。

 

でも、それも自分が作った言い訳かもしれませんね。

 

その時は本書を再読して、言い訳を自分で潰していくと良いでしょうね。

 

スポンサーリンク

堀江貴文「本音で生きる」のダメだと思ったところ

皆が皆、堀江貴文さんのようなパーソナリティでは無いので、逆になんでも本音で語ることがストレスになる人もいます。

 

堀江貴文さんの教えは、人それぞれで、使い分ける必要があると思います。

 

スポンサーリンク

堀江貴文「本音で生きる」を読むべき人は?

ビジネスを起こそうとしても、上にあげた言い訳が浮かんでしまい、行動できない人は必見です。

 

考え過ぎずに行動に移せる人が、結局成功者に近づけるので、自分の行動をブロックする要素を潰しましょう。

ビジネス書
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント